CCNAとCCDAは頭と手を動かすのが合格への近道

公開日時: 作成者 CCNA合格者

私はシスコのCCNAとCCDAの資格を持っています。

CCNAはシスコ社の製品をベースとしたネットワークの知識が問われます。
CCDAは同じくシスコ社のネットワーク製品のオペレーションが出来る知識を持っていると認定される資格になります。

資格取得のための試験は、CCNAは筆記試験・CCDAは筆記と実操作の試験です。

私の勉強方法は、机上だけではなく、実際に製品を使って色々な機能を試してみるという2つの方法で学習しました。

机上の勉強の方は、シスコ社製品の教材としては最も有名なオライリーの参考書をメインに利用し、分からないところはWEB等で調べて補完しました。

実機を使った勉強は、資格の勉強を始めた当時既にIT企業に就職していたため、会社にある機器を使っています。
参考書等に書いてある操作の学習だけでなく、自分なりに様々なケースを想定して、とにかく使い倒すという方法で勉強しました。

その成果なのか、CCNA/CCDA共に試験に合格し、資格を取得する事ができました。

CCNA/CCDA取得のメリット

この二つの資格を取得した時のメリットですが、仕事のに活かされた事はもちろんの事、当時所属していた会社から、資格手当てを頂けて二重の効果がありました。

さらに、プリセールスエンジニアとしてお客様とお話する際でも、名刺に資格を記載しておく事で、安心してネットワークのコンサルティングを任せて頂けたといった、嬉しい出来事もありました。

また、事情で転職をすることになった際にも、応募先の企業面接上で、シスコ社の資格を持っているという事がネットワークに関する知識が従属しているという、何よりの裏づけになり、採用頂けたと言った事もありました。

ネットワーク系のお仕事を目指している方には、今でもシスコ社の資格を持っていることが強烈なインパクトになると思いますので、是非お勧めしたいと思います。